レオナルド・ディカプリオ基金が主宰、第四回目となる環境チャリティーオークションに、若手作家・井田幸昌が参加

 

七月下旬、フランス南部のリゾート地、サントロペで開催されるレオナルド・ディカプリオファンデーションのガラ・パーティーでは、セシリー・ブラウン、ダミアン・ハースト、トム・サックスなどの世界有数の芸術家たちによる作品が並ぶ。計103名による出品の内、日本国内からは中村一美、Team Lab、井田幸昌などの計4名が参加。尚、井田幸昌はチャリティー史上、最年少参加となり、LDF直々の依頼の上、レオナルド・ディカプリオの200号にも及ぶ肖像画を一点寄贈した。

 

競売を取り仕切るオークショニアには、観客を興奮させるオークション・スタイルから、オークション業界のミック・ジャガーとして知られる世界で最も有名なオークショニアのシモン・ドゥ・ピュリ(Simon de Pury)が就任。

また、今年度よりレオナルド・ディカプリオ基金はネット上で世界中のアート・コレクターが競売入札が可能なオンライン・オークションを727日から823日の約一ヶ月間にかけて開催予定であり、井田幸昌は大作一枚と小作一枚を出品予定である。尚、競売に掛けられる作品はニューヨークのスペース内で816日から823日まで展示予定であり、追って情報を公開したい。

 

 

Emerging artist Yukimasa Ida will be participating at the 4th annual Leonardo DiCaprio Foundation Gala.

 

The 4th foundation gala will be hosted late July, in Domaine Bertaud Belieu Vineyard, St. Tropez, France. Donations made by 103 artists such as Cecily Brown, Damien Hirst, Tom Sachs, also includes 4 artists from Japan, Kazumi Nakamura, Team Lab, Takuro Kubota and Yukimasa Ida. Ida will be participating as the most youngest in the LDF history, and will be donating a 2590×1940mm portrait of Leonardo DiCaprio, which was commissioned by the LDF.

Simon de Pury, also know as the Mic Jagger of art auctions for his exciting style of auctioneering, has taken post as the auctioneer.

The Leonardo DiCaprio Foundation also plans to hold an online auction starting this year, for art collectors worldwide to bid, from July 27th to August 23rd. Yukimasa Ida will be donating one large painting and one sculptural piece to the auctionThe artworks that are going under the hammer will be exhibited at a space in New York from August 16th through August 23rd. Further information and updates.